事務所概要

税理士プロフィール

友田税理士

千葉県税理士会船橋支部所属 登録番号119489
経営革新等支援機関認定 認定番号105013025001

略歴

・1971年1月生まれ
・鎌ケ谷市立初富小学校卒業
・鎌ケ谷市立第五中学校卒業
・千葉県立鎌ケ谷高等学校卒業
・成蹊大学法学部法律学科卒業
・出版社での編集・デザイン等の仕事を経て、2003年に税理士試験初受験
・2004年1月 鎌ケ谷市の石井貴税理士事務所入所
・2009年7月 千代田区の松岡章夫税理士事務所(税理士法人松岡事務所)入所
・2011年9月 東京税理士会神田支部にて税理士登録
・2013年5月 鎌ケ谷市東道野辺で独立開業(千葉県税理士会松戸支部)
・2015年9月 船橋市咲が丘1丁目の現事務所に移転(千葉県税理士会船橋支部)

 船橋市咲が丘に事務所を構えておりますが、私自身は小学生の頃から鎌ケ谷市東初富在住です。事務所内に市境があり敷地の1/3ほどは鎌ケ谷市で、鎌ケ谷大仏駅から徒歩3分ほどですので、船橋市というより鎌ケ谷市と言った方がしっくりきます。
 猫が好きで自宅には保護猫(元野良猫)がいます。自宅に帰ると走って迎えに来てとにかくまとわりついてくるかわいい子で、毎日遊ぶのが日課になっています。事務所に猫はおりませんので、猫アレルギーの方も安心してお越しください。
 20年程前から腕時計が好きで、高価な複雑時計などは保有していませんが、デジタルから機械式まで20本ほど保有しています。腕時計といえば税理士試験を受験する際、時計を忘れていったことがあります。試験は時間との勝負ですので時計は必須です。真夏の猛暑の中、時計店を探して試験会場の近くを走り回ったのを憶えています。スマホで検索などとはいかない時代でしたが幸いなことにすぐに見つかり、とにかく慌てていたので店に駆け込んで「何でもいいから時間がわかる時計ください!」と口走ったところ、店主は「時計だからみんな時間はわかるけどね」と冷めた目で教えてくれました。今となってはいい思い出です。

当事務所の運営方針

 無節操に業務拡大を図ることなく、業務エリアを鎌ケ谷市、船橋市、白井市に限定し、地元のみなさまにとって身近で気軽に話ができる地元密着型の事務所を目指しており、地元の個人、小規模法人のお客様に親身なサービスをご提案できるよう心がけています。多くの方は税理士事務所にはなじみがなく、なかには敷居が高いと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、お気軽にお声がけいただければと思います。

 平均年齢が60歳を超えるといわれる税理士の中ではまだ若手の部類に入ってしまい、知識も経験もまだまだではありますが、微力ながら地元のみなさまのお役に立てれば幸いです。

  • 当事務所には従業員がおらず、税理士1人ですべての業務を行っております。すべてのお客様に対して税理士本人が対応する方針ですので、従業員を採用して業務拡大を図るつもりはありません。必然的に業務をお引き受けできる範囲にも限りがあるため、場合によってはご依頼をお断りすることになってしまうなど、ご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、お引き受けした業務については責任を持って対応いたします。
  • 1人で運営しておりますので、事務所は不在になることもあります。せっかく事務所にお越しいただいても無駄足になってしまうこともありますので、事務所にお越しの際はあらかじめご連絡いただけますと幸いです。
  • 当事務所の営業時間は、平日10:00~18:00とさせていただいておりますが、会社勤めの方など平日の日中にお時間を取るのが難しい方のため、平日夜間や土日祝日にも対応させていただいております。夜間・土日祝日をご希望の場合には、メールフォームからご予約をお願いいたします。

※現在、土日祝日の対応は、相続税・贈与税の申告をご依頼いただいているお客さまに限らせていただいております。

事務所外観

友田税理士事務所外観

看板がある以外、普通の平屋建住宅に見えると思います。以前は住居として使用されていた建物を改装し、事務所として使用しております。事務所としてのみ使用しており、ここで生活はしておりませんので、気兼ねなくお越しください。

事務所建物前には駐車スペースをご用意しておりますが、交通量の多い県道沿いで、奥行が長くはないため、普通乗用車でも大型のものだとスペース的に厳しいと思います。不安な方は、事務所の並び徒歩30秒のところにコインパーキングがありますので、そちらのご利用をおすすめします。

事務所内観

友田税理士事務所内観

もともと住居として使用されていた建物で事務所内が見えず、入りにくいという方もいらっしゃると思うので、内観もご紹介します。床や柱など無垢の木材が使用され、木の質感を強調した作りになっているで、それを生かした雰囲気にしています。

接客テーブルも無垢材のものを使用しています。見ての通り堅苦しい雰囲気はまったくありませんので、リラックスしてお話しいただけると思います。このような雰囲気なので、やはり「こちらにお住まいですか?」とよく聞かれますが、事務所としてのみ使用している建物です。